金沢兼六の家 ~ひのき骨太無垢材で建てる~

木造住宅は無垢材で頑丈に造る。住宅の「本来あるべき姿」を求めることで、健康な家を造る。そして、家族や子供たち、年老いた人達に「本来の住まいのあり方」を届ける。家は雨風がしのげれば良いというものではなく「家族の器」です。私達ひまわりほーむグループは骨太の無垢材にこだわります。 当社は石川県金沢市に本社を置く木造注文住宅の会社です http://www.e-himawari.co.jp/

2012年03月

本日は【高基礎】について少しお話ししたいと思います。 【高基礎】(「たかぎそ」と読みます) 読んで字の通り、通常の基礎よりも背の高い基礎です。120cmの高さがあります。 子供なら立って歩けますし、大人でもしゃがめば楽々移動できる高さです。 ...

プロの造り手として、住まい手の末永い幸せを求め続けるためにひまわりほーむは宣言します!収納三箇条一、床下から屋根裏、壁厚まですべての空間を活用します。ただ収納を増やすのではなく「ここにあったら便利」な収納を提案します。 一、物の行先から、収納を考えます、 ...

ひまわりほーむの「居る要る収納図鑑」 私のおすすめは、、、 たたみコーナーをつくって床下に収納です! 我が家には1歳6か月の子供がおり、 リビングは子供の遊び場です・・・ おもちゃもたくさんありますが、 下着やおむつなど たくさーんあり、収納にこ ...

ひまわりほーむ東京支部長 小山哲治こと「てっちゃん」の ブログ更新中! http://55tecchan.blog.fc2.com/   そして! 毎週金曜日は 茨城放送 10:45~ 屋根助っ人隊てっちゃん隊長 出演中! インターネットで聞けます! http://f ...

2階建て5層の家①東京都のお客様のおうちです。注文住宅ならではの空間を有効活用!スタディーコーナーの空間をリビングにつづいた部屋にすることもできますが、注文住宅ならではの発想で、「どうせなら同じリビングの中で収納スペースも造る」これが注文住宅ならではの発想 ...

本日は【スタディーコーナー】に ついて少しお話ししたいと思います。 タイトルの「宿題はリビングで?!」ですが、近年よく耳にしますよね。 家族とコミュニケーションをとれるリビングやダイニングにちょっとしたお勉強スペースがあったらどうでしょう? ~~ ...

こんにちは、ひまわりほーむの宮崎です3月も下旬ですが、春一番も吹かず、桜の開花も例年より遅いということで早く暖かい春がきてほしいですねさて今回もひまわりほーむの『収納』ということで、桐の押入れをご紹介します。ひまわりほーむでは、押入れがなんと桐板で仕上げら ...

現在のお住まいで不満に感じるところは?という質問をすると大半の方が収納が少ないという回答をいただきます。残念なことに、大半の建物が部屋の広さを確保することばかりで決してすべてではありませんが、大切な収納は二の次になっているのです。昔の住宅の収納は押入れの ...

この一年間屋根助っ人隊にたくさんのご相談をいただきました。 「この一年間いろんな人がやってきて見積もりを出してくれるけど…」 「屋根を全面葺き替えると高くつきそうだし、かといって一部だけを直しても…」 「将来を考えると太陽光もついでにやってしまおうか?」 ...

↑このページのトップヘ